2017年01月

美和子物語 芳田さんとのデイト 結ばれました

芳田さんの休診日は水曜日でした。その夕方にデイトをしました。
岡山駅で待ち合わせて倉敷まで出かけました。
旧家を料亭に改築したお店でした。

自動車で門を入って駐車場まで向かいます。
和風の格子戸をくぐりますと別世界でした。
黒の延べ石を踏みしめながら玄関へ向かいます。

式台を経て和室へ案内されました。
そこは、6畳くらいの広さでした。
手入れの行き届いた和風庭園が南側に見えます。
お抹茶をいただいてから、入浴の準備が出来ているとの知らせでした。
二人で入浴することをためらっていましたら、美和子さんが先に入って下さいと言われてそれに従いました。
大型の檜のお風呂でした。
湯船からも庭園が眺められました。

暫くしてから芳田さんが入ってこられました。
裸の身体を見られてショックでした。
二人は浴槽で向かい合わせて座ります。

芳田さんの手が美和子の背中に回されています。
乳房に触れていますから恥ずかしい思いでした。
芳田さんのジュニアがお元気そうでした・・・。
今日は食事だけのつもりでしたから困りました。

背中を流してくれてリラックスしたと思います。
彼が先に出てお部屋へ戻ります。
美和子もそれに続くのですが脱衣かごにショーツが見あたりません。
やむなく、浴衣と着物を着てお部屋へ戻りました。

ワインとビールを戴いてから食事が始まりました。
高校の同級生ですからお互いをよく知っています。
でも、初めてのデイトで浴室までご一緒とは・・・。
食事が終わって、隣り合わせで座りました。
着物の襟から彼の手が忍び込んできました。
美和子の乳房は彼の手のひらの中です。
乳首に触れられてとても興奮しました。

口移しでワインを飲まされて興奮が高ぶっていました。
ふすまが開けられて隣室のお布団へ移動です。
着物の裾からは彼の手が忍び込んでいます。
美和子の玄関からクリへの来訪でした。

彼が美和子の手を導いてジュニアへ移動です。
大きな固いジュニアでした。

美和子は生理が始まったばかりでしたから・・・。
気がかりでしたが・・・。

お布団の上に倒されてジュニアを美和子にあてがってきます。
数回の動作で結合でした。

子供も産んでいますから初心者ではありませんし・・・。
芳田さんは数回の運動で射精準備が完了です。
キスをされながら、乳房を揉まれての結合です。
三カ所を同時に攻められては美和子も弱いです。

激しく動かれて直ぐに射精でした。
射精後は、美和子の中で静かにされています。
ジュニアは堅いままでした。

5分くらいで運動が再開です。
往復運動が続いて二度目の頂点が近づきました。
彼の分身が脈動しながらがんばっています。
多量のエネルギーが美和子の内部へ噴射されました。

二人は手をつないでお布団に横たわっています。
彼が、ずりさがって美和子のベビーへキスを始めました。
ラビアを左右に広げてクリへのキスです。

彼が位置を反転して美和子に被さってきました。
美和子のお顔の上には彼のジュニアがいます。
69の体位です。
亀頭さんを舐め回して、お口に含んでいます。
舌で圧迫したり噛んだりです。
初めての経験で感激したと・・・。

彼は独身ですからベッドでの経験は少なかった様でした。
69の経験も初めてだと告白していました。
暫くして、彼が爆発しそうだと悲鳴を上げています。
多量のザーメンが美和子のお口に流れ込みました。

美和子も多量のジュースを流していますから、オアイコです。
お互いが舐め合って・・・。

おふとんで運動会が終わって二人で入浴しました。
身体を許しあった二人は浴槽でも抱き合って愛撫を重ねます。

美和子は浴槽の中で立ち上がっています。
彼がベビーを舐め回っています。

彼のザーメンはすべてが放出された様でしたが・・・。
彼が出そうだとの事で、美和子がお口で受け止めました。
お口での愛撫には弱かったみたい・・・。

自宅へ送って頂いてお別れです。
一人で入浴しましたらベビーからは彼からの贈り物が残っていました。
シャワーで洗い流しましたら美和子のベビーは大喜びでした。

仲良し会の後ですが一人エッチです。
彼が攻めなかった部分を・・・。


美和子物語 芳田さんとデイト 術後の最初の男性です

日曜日に岡山に帰ってきて自宅でオナニーをしました。自分で言うのも変ですが・・・。
美和子の大事な部分は締め付けの効果が十分でした。
水曜日の佐藤さんとのデイトが待ちきれなくて、病院へ電話しました。芳田さんは出勤ですが診察の無い日でした。

美和子からの電話を喜んで下さって夕食をすることにしました。
待ち合わせ場所で芳田さんの車に乗せて頂いて丘の上のホテルへ向かいました。
フランス料理を楽しんでから、今日は少し遅くなっても良いかとの事でしたので頷きました。

ワインを戴きながら久しぶりのデイトを楽しみました。夏のイギリスでの学会のこと、洋服のこと、話題は山ほどでした・・・。
食事が終わって、お部屋へ移動です。部屋の扉を閉めると二人の世界です。
芳田さんが洋服を脱がれて、美和子の脱衣のお手伝いです。
ブラもショーツも彼が脱がせてくれました。

美和子の後ろから乳房を抱えられています・・・。
彼はブリーフを脱ぎ捨てていますから、美和子さんのお尻に固いジュニアの先端が触れます。

乳房を愛撫して頂いてからベッドまで、美和子は彼の両腕の中です。激しいキスを受け入れています。
彼の手が美和子の手を取ります。ジュニアへ誘導されました。

起立したジュニアは美和子が両手で包みます。先端が光っています・・・。
美和子はベッドで仰向けになっていますから、彼がかぶさってきます。
美和子のベビーにペニスが添えられてスムースに入ってきました。

手術をしてから最初に迎える男性です。
入り口から奥までがとても窮屈でした。
芳田さんが往復運動をされて美和子が興奮しています。

沢山の愛液が流れていますからスムースです。
出し入れの時に、少し痛かったのですが、直ぐに快感に変わりました。
ペニスの先端も中間部分も美和子の内壁で感じています。

芳田さんが、高校生か処女の女性と交わっているみたいだと大喜びでした。美和子さんは孤高を守っているのだねと・・・。
手術をしましたとは言えませんもの・・・。

1回目の射精の後も離れません。繋がったままです。キスと乳房への愛撫の中で美和子さんの興奮が止まりません。
左右の筋肉で、締め、締めしましたら芳田さんが昇天されました。
美和子の愛液とザーメンの混合で結合部分はベタベタです。

彼のペニスが美和子のお口に近づけられています。
キスするしか方法が有りません。

数分のキスで芳田さんが頂点になられました。
美和子のお口に激しい噴射です。

美和子のベビーは彼のお口でキスされています。
彼の舌がクリや内部を舐めてくれます。
両手で美和子のベビーを広げて舌先で愛撫です。

美和子はこれに弱いです。
美和子が上になって、騎乗位で繋がりました。
腰を前後させて激しく結合です。

その瞬間に二人が同時に絶頂です。
芳田さんから美和子へザーメンが移動するのが解ります。

二人は抱き合って絶頂を楽しみます。
美和子の乳房から汗が芳田さんの胸にも流れていきます。

大汗の運動会でした・・・。

でも、美和子は、エッチ大好き・・・


美和子物語 美和湖は洪水 吉井川の氾濫 

美和子は吉井さんとの水曜日の仲良し会で元気になりました。
そして、週末には高松のお家へ出かけました。
土曜から日曜日までの連泊でした。
二人は何回も絶頂になりました。

二日間は、外出しないで引き籠もっていました。
仕出し屋さんからお弁当を取り寄せて・・・。
土曜日の夜は二人で入浴して今後の事を話し合いました。

彼の膝に乗せていただいています。両手が美和子の胸を愛撫しています。
乳首をオモチャにして喜んでいました。
浴槽に浸かったままで後ろからの合体です。
水中での結合は別の感触です。

漏らないように吉井さんのジュニアが美和子に栓をしています。
対面になってからも、再び栓をされました。
舌先が絡み合って興奮が冷めませんでした・・・。

ベッドへ移動してからはM字開脚で検査をして頂きました。
今日はたくさん出ていますね。
上流が大雨だったのですか・・・。
美和湖の水位が上がっています。
吉井川は時々氾濫しています。

長時間の愛情交歓の後で、吉井さんから昔のお話をして頂きました。
45歳くらいのご婦人が定期的な検査で診察にこられていたそうです。
ご主人が高齢で夫婦生活が無かったみたいです・・・。
自由診療ですから、言われるお名前とお住まいしか解りません。
生理日の直前に診察に来院されて触診をされていたそうです。
ドクターによる、ペッテイング処置ですね。

クスコで観察していると内部からジュースが滲み出てくるとのことでした。
患者さんは定期的な検査、医師は職業としての診察。
小さなお声で、『もっとして・・・』お願いされたら患者様に優しい医師だった様です。
どこからもクレームが出ないですね。
自由診療の時には看護師さんも同席しない・・・。
阿吽の呼吸です。
診察の前に広島のお菓子をお土産に持ってこられていたそうです。
スタッフが喜んで試食です。
新幹線での来院みたいでした。

診察の時に濃いジュースが流れて来るのだと・・・。
最後に洗浄をしておわりです。

患者様は、スッキリとしたお気持ちで診察室を出られる。
ほほえましいと言うか優れたストレス解消法ですね。

美和子の場合には、流れ出るジュースは吉井さんがお口で吸い取られますから何も残りません。
喜びの相互分配です。

目を閉じて、結合の事を考えて卑猥な言葉を出しますとジュースが出てくるのです。
美和子さんが何回も絶頂になってから、ジュニアが家庭訪問です。
挿入の瞬間が良いです。

その時に、筋肉に命令して、締め締めします。
吉井さんが高校生としているような感覚だと大喜びです。
狭いのがお好きみたい。
美和子の遍歴のお友達にも締め締めをしてあげたい様な倒錯で・・・。

美和子が満足してから射精をして頂きます。
その後では両手で抱き合って動きません。
お薬の効果で吉井さんの長男は美和子の中で大暴れ。
『止めるのを止めて・・・』

おへその下にキスマークを付けて頂きました。

美和子がお返しにジュニアをキスしてあげます。
両手でしごきながら・・・。
吉井精子バンクは空っぽ。

後で聞いたお話ですが、十分な性交渉をして精液の蓄積が無くなると、若い看護婦さんのショーツのラインが気にならなくなると・・・。

岡山に戻ってからの美和子は、月曜日はヘトヘト」でした。
キスマークだけが空しく残っていますが・・・。

水曜日は別の予定があります。
お友達がくるのです。
夕食の後で多分・・・。

下半身の制御は難しいです。


↑このページのトップヘ