その日彼女から送られて来たメールは、普段のAA入りとは違う、
激しく素っ気無い内容だった

彼女『次の休みは体を貸してもらおう』
俺「どのようなご用件で?」
彼女『それはひみつであります』
俺「りょうかいであります」

妙な迫力に負けて、力仕事やらされるかもとガクブルしながら
返事した俺をよそに、休み当日の早朝、
夜勤明けの職場から真っ直ぐ俺の家に来た彼女は、
ぽやぽやした顔で「やくそく、やくそく」と嬉しそうに呟きながら
俺をベッドに引っ張り込み、そのまましがみ付いて
幸せそうに眠ったのでした

スマホ向けクリック保証型アドネットワークADsee